• 商品一覧
  • 校正サービスについて
  • 圧力計PROショップが選ばれる理由
  • お買い物ガイド
  • よくあるご質問
  • BLOG 圧力計コラム

カレンダー

2023年1月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2023年2月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

赤字は休業日です

圧力計の疑問 -圧力計とはなにか-

2017/03/09(木)

今回は、圧力計についてご説明します。

 

圧力計は、日常生活の中でなかなか見る機会はありませんが、流体の圧力を測定する計測機器です。

 

こんな形をしています。

 

 

例えば、水道やガスも家庭に供給される適切な圧力が設定されていて、私たちは安全に使用する事ができています。

 

これは、圧力を確認するために圧力計(圧力センサ)を用い、適切に管理されているからです。

 

また、工業用途では、配管を使用して流体を制御する場合には必ず圧力計(圧力センサ)を使用して、安全確保や品質保証に役立てています。

 

※イメージ

 

 

様々な業界で使用され、用途に応じて、ライフライン、自動車、建設機械、半導体、薬品、食品、化粧品など様々な環境に合ったものがあり、どれも違う圧力計があります。

 

その為、圧力計は用途に応じて、適切な商品を使用する必要があり、当店では5000種類以上の在庫をして、様々なニーズにお応えしています。

 

 

※圧力について

まず圧力とは単位面積あたりにかかる垂直な力をいいます。

圧力の大きさを表す基本単位はPa(パスカル)です。

基準とするポイントによってゲージ圧力、絶対圧力、差圧圧力の3種類に分類されます。

1.ゲージ圧力

私たちは、大気圧の中で生活しています。多くの場合は大気圧との差を計測するため、大気圧を基準(0 Pa)とした圧力が使用されます。これがゲージ圧力です。

大気圧より高いゲージ圧力は正圧、大気圧より低いゲージ圧力は、負圧と呼ばれます。

2.絶対圧力

完全真空を基準とした圧力が絶対圧力です。ゲージ圧力と識別するため、圧力単位の後に[abs.]または[a]などといった記号を付けます。アブソリュートと読みます。

3.差圧圧力

工業用途では、ふたつの圧力の圧力差を必要とする場合があり、高い圧力と低い圧力の差を測定する圧力計が差圧計です。

 圧力計の種類