• 圧力計PROショップが選ばれる理由
  • 商品一覧
  • 校正サービスについて
  • お買い物ガイド
  • よくあるご質問
  • BLOG 圧力計コラム

カレンダー

2018年2月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
2018年3月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

赤字は休業日です

圧力計の精度とは

2017/08/23(水)

計測機器には、精度が設定されています。

これは、計測機器の計測する実力みたいなものです。

要約すると圧力計を使う場合、圧力をザックリ知りたいのか、

正確に知りたいのかということです。

ザックリ知りたい場合は、精度が悪くても構いませんが、細かく知りたい場合は

精度のよいものを使用しなければいけません。

ほとんどの場合、価格に比例し精度の悪いものは安い傾向で、精度の良いものは高い傾向です。

 

次に機械式圧力計を例に挙げて、精度の種類について確認してみます。

精度の種類:0.5%、0.6%、0.75%、1%、1.5%、1.6%、2%、2.5%、3%・・・

JISや市場の要求に対して、精度は沢山種類があります。

 

具体的に、精度が及ぼす数値の違いについても見てみましょう。

例えば同じ1 MPaの圧力計でも精度が違えば以下の様に許容公差が変化します。

許容公差とは・・・精度の幅のこと。

 

様々な仕様用途で最も使用されている精度は1.6%です。

求める計測精度に合わせた適切な圧力計を選定しましょう。

 

 豆知識